/

この記事は会員限定です

19年度の税収見通し、下方修正へ 2兆円規模下振れ

輸出減で法人税収失速

[有料会員限定]

2019年度予算の一般会計税収は当初に想定していた62.5兆円から大幅に減る見通しになった。2兆円規模の落ち込みとなりそうで、3年ぶりの税収減となる可能性が出てきた。米中貿易戦争の影響で日本からの輸出が減速し、企業の業績悪化から法人税収が増えていない。当初予算が膨らむ傾向は続いており、財政再建の目標は遠のきかねない。

政府は18年末にまとめた19年度予算(当初)で、国の一般会計税収を62.5兆円と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1419文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン