ダイソン、1台3役の空気清浄機 日本で先行発売

エレクトロニクス
2019/11/14 18:25
保存
共有
印刷
その他

英ダイソンの日本法人、ダイソン(東京・千代田)は14日、加湿器、扇風機、空気清浄機の機能を合わせた1台3役の加湿空気清浄機を世界に先駆けて日本で発売すると発表した。冬には加湿器、夏には扇風機として利用できる。日本市場は加湿空気清浄機の売れ行きが良く、需要が大きいとみて先行発売を決めた。今後、韓国や中国にも展開していく。

ダイソンが29日に発売する加湿空気清浄機「Dyson Pure Humidify+Cool」

ウイルスが流行しやすい冬場に向け、29日から販売を始める。製品名は「Dyson Pure Humidify+Cool加湿空気清浄機」。微小粒子物質「PM2.5」の2.5マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルよりも微細な「PM0.1」の微粒子を除去できる。

空気清浄機はダイソンの主力製品の1つ。扇風機としても利用できる従来の空気清浄機に新たに加湿器としての機能を加えた。加湿器に使用する水は紫外線を活用して、タンク内で細菌を除去してからフィルターを通す。フィルターにも銀繊維を採用し、細菌の増殖を防ぐようにした。

ダイソンの直営店やオンラインストア、家電量販店などで販売する。価格はオープン。ダイソンの直販サイトでは8万8000円で予約を受け付けている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]