/

この記事は会員限定です

[社説]「桜見る会」公私混同を排せ

[有料会員限定]

政府が首相主催の「桜を見る会」を2020年春は中止すると発表した。安倍晋三首相の後援会関係者が多数参加していると野党が追及し、選定基準や人数、予算を全般的に見直す方向になった。これまでの運営の問題点を明らかにし、本来の趣旨に沿った開催のあり方を検討すべきだ。

桜を見る会は1952年に吉田茂内閣で始まった。皇族や各国大使、国会議員、知事らに加え、功績があった各界の代表者等を関係府省の意見を踏まえて招...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り587文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン