12/11 23:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,391.86 -18.33
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,370 -80

[PR]

業績ニュース

スマホゲーム大手5社、3社が営業減益 19年7~9月期

2019/11/14 20:30
保存
共有
印刷
その他

スマートフォンゲームを主力事業とする大手5社の2019年7~9月期は、3社が営業減益となった。けん引役だった主力タイトルの落ち込みを、新作などで補えていない。他社と共同で人気タイトルやキャラクターを活用したゲームを開発するなどしているが、本格的な利益貢献には至っていない。

ガンホー・オンライン・エンターテイメントが14日発表した19年7~9月期の連結決算は、営業利益が前年同期のほぼ横ばいの50億円だった。新規に投入したゲーム「ラグナロク」のテレビCMやイベントなどの費用が膨らんだ。

12年に投入した主力ゲーム「パズル&ドラゴンズ」の課金収入も伸び悩んだ。ゲーム内で使う有料アイテムを増やすなどし、1~6月期は課金収入が前年同期比で増加に転じた。だが、回復の勢いは鈍っているようだ。

ミクシィの営業利益は75%減の23億円だった。主力の「モンスターストライク」の課金収入の落ち込みが続いている。過去に遊んだことがある人を呼び戻すキャンペーンなどの費用も膨らんだ。グリーも主力ゲームの苦戦が続き、営業利益は27%減の11億円だった。

キャラクターなどを含め権利を自社で所有するゲームは、ヒットすれば大きな収益となる。ただ、スマホゲームの競争は激化しており、時間が経過すれば課金収入は下がる。そのため、他社の有力キャラクターを活用したゲームを共同で開発する動きも目立っている。

コロプラの営業利益は30%増の24億円だった。スクウェア・エニックス・ホールディングスと組み開発した、位置情報を活用するゲーム「ドラゴンクエストウォーク」を9月に投入した効果が出た。ただ、「白猫プロジェクト」など過去に成長をけん引したゲームは苦戦が続く。19年9月期通期の営業利益は58%減の29億円にとどまった。

ディー・エヌ・エーの7~9月期の営業利益(国際会計基準)は51%減の27億円。他社と共同開発した「ポケモンマスターズ」を8月に投入したが不具合が相次いだ。初期費用がかさみ、利用者の獲得も遅れた。タクシー配車などの新規事業も赤字が続いている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム