山形の百貨店・大沼が初のキャッシュバック

北海道・東北
2019/11/14 18:00
保存
共有
印刷
その他

百貨店の大沼(山形市)は15日から3日間、初のキャッシュバックキャンペーンを実施する。期間中1万円購入ごとに500円の買い物券を進呈する。10月以降、消費増税の反動減に加えて、週末の台風で売り上げが減少。再来店を促しテコ入れを図る。

キャッシュバックキャンペーンで台風による減収回復を図る大沼(山形市)

期間中のレシートは合算可能で、12月から1月末まで利用可能な買い物券を提供する。9月後半はアパレルなどで増収となったが、10月は売り上げ増を見込んだ特別招待会時に台風も直撃した。期間中は前年比3割増収を目指し、年末年始の集客にもつなげる。

現在、経営再建中で地元スポンサー企業からの資金で運転資金は確保しているというが、「今後は売り場構成を見直し、魅力を高める」(長沢光洋代表取締役)という。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]