/

ファミマ、希望退職800人募集 スリム化へ全社員の1割

am/pmの買収や、サークルKサンクスを傘下に持つユニーグループHDとの統合などで拡大してきた組織を効率化する

ファミリーマートは14日、2020年2月までに原則40歳以上の社員を対象に約800人の希望退職を募ると発表した。全社員の約1割に当たるという。構造改革として組織をスリム化する。

会見するファミリーマートの沢田社長

希望退職の募集は16年9月のファミリーマートとユニーグループ・ホールディングス(HD)との経営統合以来初めてという。統合後、不採算店の閉鎖などを進め、16年9月末で約1万8000店だった店舗数は、今年10月末で約1万6500店まで減った。

ファミマの沢田貴司社長は記者会見で「統合を繰り返して大きくなったので効率化を図れていない」と指摘。「小売業界がますます厳しくなる中、スリム化や効率化を徹底しなくてはならない」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン