12/9 11:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,522,844億円
  • 東証2部 75,072億円
  • ジャスダック 98,536億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.25倍 --
株価収益率15.17倍15.93倍
株式益回り6.59%6.27%
配当利回り1.89% 1.89%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,461.59 +107.19
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,450 +30

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

トップに聞く[映像あり]

日本ホスピスホールディングス 高橋 正 社長

12月9日(月)09:50

堅調米国株に3つの理由「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

[PR]

マーケットニュース

フォローする

日経平均先物、ブラジルで上場 25日から 中南米初

中南米
2019/11/15 5:45
保存
共有
印刷
その他

ブラジルの総合取引所B3は14日、日経平均先物を25日に上場させると発表した。中南米での上場は初めてで、海外では3例目となる。ブラジルでは金利が低下しており、株式運用の需要が高まっている。B3は外国株の取引を拡大する方針で、投資家に資産運用の選択肢を広げる。日経平均先物の上場を皮切りに海外の株価指数先物を増やしたい考えだ。

ブラジルの総合取引所B3(サンパウロ)=ロイター

ブラジルの総合取引所B3(サンパウロ)=ロイター

最低売買金額を小さくしたことが特徴だ。通常の日経平均先物は日経平均株価の1000倍が最低取引単位で、大阪取引所に上場するミニ日経平均先物も100倍となっている。一方、B3での上場では取引単位を50倍にしたため個人でも取引がしやすくなる。

ブラジルでは1月に経済改革を重視するボルソナロ氏が大統領に就任した。10月には年金支給年齢の引き上げを軸とした年金改革法が成立した。同国内の投資家に対しては資産運用を促したい考えで、B3への日経平均先物の上場もその一環だ。今後はアジアや欧州の株価指数先物の取引も手がける考えだ。

日経平均先物は1986年9月、シンガポール国際金融取引所(現在のシンガポール取引所)に海外で初めて上場した。90年9月には米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)に上場し、現在いずれも活発に売買されている。

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

マーケットニュース 一覧

フォローする

読まれたコラム