時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,618,064億円
  • 東証2部 75,323億円
  • ジャスダック 99,021億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.27倍 --
株価収益率15.39倍16.18倍
株式益回り6.49%6.17%
配当利回り1.87% 1.87%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,023.10 +598.29
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

マーケットニュース

フォローする

Jディスプレ、一時6%安 資本増強固まらず

2019/11/14 20:30
保存
共有
印刷
その他

ジャパンディスプレイ(JDI)の株価が14日、一時前日比4円(6%)安の68円まで下落した。前日に2019年4~9月期の連結決算を発表。過去最大の最終赤字を計上し、債務超過は拡大した。上場維持に欠かせない外部からの資本増強策も固めることができず、個人投資家の失望売りが広がった。

終値は3円(4%)安の69円だった。売買代金は13億円と前日と比べて2倍強に増えた。

経営再建中のJDIが13日発表した19年4~9月期決算は、最終損益が1086億円の赤字(前年同期は95億円の赤字)だった。最大顧客の米アップル向け液晶パネル需要が伸びたものの、製造原価を補えず粗利益はマイナス。構造改革を進めて黒字体質を目指すが、「アップルウオッチ」向けなど新製品は「収益にどこまで貢献するか見えにくい」(国内証券)。

債務超過解消に不可欠な金融支援も固まっていない。10月末の大筋合意を目指していた金融支援の枠組みは離脱が相次いだ。新たなスポンサーを探しているが、菊岡稔社長は13日、「12月にずれこむ」との可能性に言及した。

金融支援スキームはなお調整が続いている。市場では「不透明な要素が多く投資判断をしにくい。支援策がまとまらないと中長期の買いは入らない」(国内証券)との声が出ていた。

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

マーケットニュース 一覧

フォローする

読まれたコラム