最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,023.10 +598.29
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

業績ニュース

電通、1~9月期純利益9割減 カカクコム株売却の反動で

企業決算
2019/11/14 20:30
保存
共有
印刷
その他

電通が14日発表した2019年1~9月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比92%減の47億円だった。前年同期にカカクコム株を売却して、500億円強の利益を計上した反動が出た。買収費用など一時的な要因を除いた調整後営業利益は16%減の755億円だった。中国やオーストラリアの事業不振が響いた。

売上高にあたる収益は3%増の7466億円だった。国内外でのM&A(合併・買収)が寄与した。国内事業ではテレビなどマスメディア向け広告が減収となった一方で、インターネット広告などのデジタル分野が大幅増収となった。

売上総利益は1%増の6742億円。売上総利益のうち海外事業が59%を占めた。米州が7%増と好調だったが、中国やオーストラリアを含むアジア太平洋が12%減と全体の足を引っ張った。

19年12月期の業績予想は据え置いた。収益が前期比4%増の1兆544億円、純利益が60%減の358億円を見込む。米国の好調が続くうえ、国内ではラグビーワールドカップ(W杯)など大型イベントが貢献するとしている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム