サーキュラーエコノミーを考える(7) 持続可能な成長めざす欧州
大阪商業大学准教授 原田禎夫

やさしい経済学
コラム(経済・金融)
2019/11/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州連合(EU)は今後の成長戦略における重点課題として資源効率性の改善を掲げています。EU全体で資源効率性が1%改善されると、年間2300億ユーロの費用削減と15万人もの雇用創出につながると試算しています。優先的に取り組む分野としてプラスチックや食品廃棄物、バイオマス資源など5分野をあげ、多額の資金を投じた取り組みを始めています。

サーキュラーエコノミーでは原材料の高効率な利用が求められます。こ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]