リニア突貫工事で重大事故リスク 命運握る静岡県

住建・不動産
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2019/11/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

リニア中央新幹線の2027年開業が遅れる可能性が高まってきた。南アルプストンネル静岡工区が大井川の流量減少を巡って着工できずにいる問題で、事態の打開に動いた国土交通省を静岡県の川勝平太知事が痛烈に批判。問題解決の糸口をつかめない状態が続いている。

■「県職員を侮辱、絶対に許さない」

川勝知事が国交省への不満をぶちまけたのは、11月6日の定例会見。対立する静岡県とJR東海との間の調整に乗り出した国交…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]