日経商品指数17種

(1970年平均=100)
12月12日 145.683 +0.019

[PR]

商品ニュース

鉛、2カ月ぶり安値 製造業の需要不安で

2019/11/14 17:09
保存
共有
印刷
その他

自動車や工業用ロボットのバッテリー(蓄電池)に使う鉛が2カ月ぶりの安値をつけた。指標となるロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物価格は、13日に1トン2035ドルと直近高値をつけた10月下旬から230ドル(10%)安い。製造業の需要不安が高まり、売られた。日本時間14日夕時点の時間外取引では同水準で推移している。

貿易摩擦を巡る米中通商交渉は、トランプ米大統領が中国政府との合意を否定するなど不透明感が漂う。両国の歩み寄りへの期待が薄れ、製造業での需要鈍化が続くとの思惑から鉛や銅などの非鉄は軒並み売られている。鉛は10月下旬に1年3カ月ぶりの高値をつけたことで目先の利益を確定させる売りも優勢だ。

ただ鉛は自動車のバッテリー向けに需要期を迎えている。「実需が大きく鈍ることはない。当面は2000ドル前後を底値に推移しそうだ」(みずほ銀行金融市場部の能見真行調査役)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム