強盗致傷容疑で男3人逮捕 住人にけが、岐阜・北方

2019/11/14 17:06
保存
共有
印刷
その他

岐阜県北方町の住宅に侵入、住人にけがを負わせたとして、岐阜県警が強盗致傷と住居侵入の疑いで、愛知県の20代の男3人を逮捕していたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、男らは共謀して8月24日昼ごろ、投資家の男性(44)宅に金品を奪う目的で侵入し、男性をバールのようなもので殴ってけがを負わせた疑い。

男らは何も取らずに逃走した。ほかにも事件に関わった男がいるとみられ、岐阜県警が行方を追っている。

北方署によると、男性は頭部や腕にけがをし、男性の妻(41)は投げ飛ばされた際、中学2年の長女(14)にぶつかって手の指を切るなどした。長女も転倒し、手にけがをした。

当時、玄関は施錠されておらず、夫婦は1階で食事の準備をしていた。

県警は防犯カメラの映像などから逃走に使われたライトバンを特定、男らが浮上した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]