/

この記事は会員限定です

新潟・柏崎の浪花屋夕凪亭 中越沖地震後に鯛茶漬けで再生

老舗の研究

[有料会員限定]

日本海側の海水浴発祥の地として知られる新潟県柏崎市の鯨波海岸。この地で130年にわたり旅館業を営んできたのが浪花屋 夕凪(ゆうなぎ)亭だ。柏崎の観光のリーダー的な存在として特産品の開発を進めるなど、食を通じた地域活性化にも大きな役割を果たしている。

浪花屋を家業とする佐藤家のルーツは京都にあり、宮家に仕えていた。宮家が青海神社(新潟県加茂市)を参拝するにあたり、佐藤秀則社長の曽祖父にあたる佐藤幸嗣...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り923文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン