どうなるドイツ景気、専門家に聞く

ヨーロッパ
2019/11/14 17:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ドイツ連邦統計庁が14日公表したドイツの2019年7~9月期の実質国内総生産(GDP)は前期比0.1%増加した。2四半期連続のマイナス成長は避けたものの、欧州最大の経済大国には景気後退のリスクがくすぶる。ドイツ経済は今後どうなるのか。地元ドイツの3人の専門家に見通しを聞いた。

「投資より減税を」

ウォルマースホイザー・Ifo経済研究所景気予測部門長

今後数カ月で深刻な不況に陥る心配はない。製造業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]