多国間貿易を揺るがすインドの「事情」 (グローバルViews)
ニューデリー支局 馬場燃

グローバルViews
コラム(国際)
南西ア・オセアニア
2019/11/20 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インドが交渉からの離脱を突然示唆したことで、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)が揺れ動いている。日中韓など16カ国による多国間貿易の枠組みだが、実はインドが交渉の前進を阻むのはこれが初めてではない。2008年に交渉が決裂した世界貿易機関(WTO)の多角的通商交渉(ドーハ・ラウンド)も、合意直前の最終局面でインドが緊急輸入制限(セーフガード)を譲らずに瓦解した経緯がある。それから約10年たって…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]