国際機関、増える日本人女性 緒方貞子さんに続け
政界Zoom

2019/11/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の高等弁務官を務めた緒方貞子さんが10月に亡くなった。世界で初めて高等弁務官に就いた女性だった。国連の機関で働く日本人の状況を調べると、女性が増え続けており、日本の中央官庁や企業に比べると女性が占める割合も圧倒的に高い。緒方さんを見て「国連機関は女性の実力が認められる場」との認識が広がったためだとみられている。

外務省によると2019年1月時点で国連機関で働…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]