長野市のゴルフ場で5G実験、打球の落下点を予測、NTTコミュなど

2019/11/14 16:20
保存
共有
印刷
その他

NTTコミュニケーションズなどは14日、ゴルフ場の長野京急カントリークラブ(長野市)などと共同で次世代通信規格「5G」の実証実験を実施した。高速で大容量のデータを送受信できる5Gの特徴を生かし、打った球の落下点を予測する実験などをした。球を探す手間を省くことでプレイの回転率を向上させ、ゴルフ場の経営効率の改善などにつなげる。

NTTコミュニケーションズなどはゴルフ場で5Gを使って打球の落下点を予測する実験をした(14日、長野市)

5Gの通信環境を整備したゴルフ場に複数台のカメラを設置した。プレーヤーのショット映像をサーバーに高速アップロードして弾道を解析することで、ボールの落下点を予測して把握する仕組み。落下点の情報などは、手元のタブレットやディスプレーが搭載されたカートなどで確認できる。

同実験は総務省の「5G総合実証」の一環で実施した。5Gは2020年度からサービスが始まる見込み。NTTコミュや長野京急カントリークラブのほか、NTTドコモ富士通なども参加した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]