東洋大の佐々木教授 横浜市、IR事業者に注文を
IRのゆくえ 所見を聞く

2019/11/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

横浜市はカジノを含む統合型リゾート(IR)を観光政策の柱の一つに据える方針だ。世界のIR事情に詳しい東洋大学の佐々木一彰教授に横浜市がとるべき施策などを聞いた。

――横浜へのIR誘致の効果をどうみますか。

「横浜は日帰り客が多く、客単価が低い。横浜のブランド力は以前に比べてかなり落ちている。誘致は横浜ブランドを再構築する一つのきっかけになるのではないか」

――今後、IR事業者の選定に入ります。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]