ESG投資が磨くアジア企業 環境懸念の事業は撤退も

日経産業新聞
小平 龍四郎
コラム(ビジネス)
アジアBiz
編集委員
2019/11/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業の環境対策や社会問題への取り組みなどを評価に加える「ESG投資」が東南アジアに広がり始めた。欧米勢だけでなく、アジアの市場関係者も活発に動く。資本市場との対話を通じて、アジア企業は経営と財務の戦略に磨きをかけていく。

アジアの株式市場で「ESG」の話題を聞かない日は、まずない。それほど一般的になった投資哲学は経営戦略を左右し、株主の企業評価に大きな影響を与える。

ESG銘柄の代表格が、シンガ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]