/

オプトラン所得隠し2.7億円 国税、秘匿金認定

光学装置メーカー、オプトランが、関東信越国税局の税務調査で2012~15年に約2億7千万円の所得隠しを指摘されていたことが14日、関係者への取材で分かった。海外の実体のない会社に手数料を支出していたが、最終的な支払先を明らかにしなかったため「使途秘匿金」と認定されたもようだ。

使途秘匿金は、支出額の40%を制裁課税され、所得隠しを指摘されると重加算税もかかる。他の経理ミスなどと合わせた追徴税額は、17年12月期までの6年間で約3億円とみられる。同社は「受注獲得に必要な営業費用が生じたときには適宜支出している。見解の相違はあったが、修正申告と納税をした。私的な流用はない」などとするコメントを発表した。

関係者によると、同社はタックスヘイブン(租税回避地)のマーシャル諸島にあるペーパーカンパニーに、販売手数料として約2億7千万円を支出。国税局はペーパーカンパニーの口座がある香港の税務当局からの情報提供も得て、詳しい資金の流れを調べたが、オプトランは明らかにしなかったとされる。

同社は1999年創業で、カメラのレンズなどに使われる「光学薄膜」を作る装置を製造、販売している。18年12月期の連結売上高は447億円。信用調査会社によると、海外売上比率が90%に上る。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン