鈍る成長、訪日客減も景気に冷や水 GDP0.2%増

2019/11/14 9:33 (2019/11/14 10:58更新)
保存
共有
印刷
その他

内閣府が14日発表した2019年7~9月期の国内総生産(GDP)速報値は物価変動の影響を除いた実質の季節調整値で前期比0.1%増、年率換算で0.2%増だった。10月の消費増税を前にした駆け込み需要で4四半期連続のプラス成長となったが、伸びは小幅にとどまった。訪日外国人による消費減も響き、成長率は1%を大きく割り込む水準に鈍化した。

【関連記事】
景気けん引役不在のリスク 外需低迷、消費も鈍化
GDP0.2%増 市場関係者の見方

伸びはQUICKがまとめた民間エコノミストによる事前予測の中央値(前期比年率0.8%増)を大きく下回った。4~6月期は前期比0.4%増(年率換算1.8%増)だった。西村康稔経済財政・再生相は14日の記者会見で「全体として景気の緩やかな回復を示す結果だ」と語った。

GDPの過半を占める個人消費は前期比0.4%増え、2四半期連続のプラスとなった。10月の消費税率引き上げを前に化粧品やパソコン、テレビなどで駆け込み需要が生じ、全体を支えた。

底堅さはあるものの、前回の増税直前(2014年1~3月期)の2.0%増と比べると個人消費は伸び悩んだ。軽減税率やキャッシュレス決済へのポイント還元など政府の駆け込み抑制策の効果もあるが、7月の長雨や8月の台風など天候不順も重荷になった。

内需のもう一つの柱である設備投資は0.9%増と、4~6月期の0.7%増から伸びが高まった。深刻な人手不足を背景に引き続き省力化やデジタル対応の投資が堅調に推移した。住宅投資や公共投資も底堅く、内需全体ではGDPを0.2%押し上げた。

輸出は0.7%減で、2四半期ぶりに減った。内訳をみるとサービスの輸出が4.4%減に沈み、全体を下押しした。GDPの計算でサービスの輸出に算入される訪日外国人の国内消費が日韓関係の悪化などで減ったのが主因。財貨の輸出は0.3%増えたが、資本財や工作機械の輸出はふるわず、年前半の落ち込みからの回復は鈍かった。

輸入は駆け込み需要などを反映し、0.2%増えた。輸出から輸入を差し引く外需のGDPへの寄与度は0.2%のマイナスとなった。外需の寄与度は2四半期連続でマイナスとなった。

記者会見する西村経財相(14日、内閣府)

記者会見する西村経財相(14日、内閣府)

民間在庫の寄与度は0.3%のマイナスだった。増税前の駆け込み需要に対応するため、積み上げていた在庫の取り崩しが進んだとみられる。

7~9月期のGDPは生活実感に近い名目でみると、前期比0.3%増。年率換算では1.2%増だった。7~9月期は物価が伸び、名目の成長率が実質を上回った。総合的な物価の動きを示すGDPデフレーターは前年同期と比べてプラス0.6%だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]