スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

今永、チーム救う快投 侍、メキシコ下し3勝目

Tokyo2020
2019/11/13 23:12
保存
共有
印刷
その他

野球の東京五輪予選を兼ねる国際大会「プレミア12」は13日、東京ドームで2次ラウンドの2試合が行われ、日本(1次ラウンドB組1位)はメキシコ(A組1位)に3-1で勝ち、2次ラウンドの対戦成績を3勝1敗としてメキシコと並んだ。

日本は一回に鈴木(広島)の適時打などで2点を先制し、二回に坂本勇(巨人)の適時打で1点を加えた。投手陣が好投し、メキシコ打線を1安打に抑え込んだ。

メキシコ戦に先発し、6回1失点8奪三振と好投した今永=共同

メキシコ戦に先発し、6回1失点8奪三振と好投した今永=共同

今大会初敗戦を喫した前夜の重たい空気を、侍ジャパン先発の今永がきっちり断ち切った。多彩な変化球を思い通りに駆使して的を絞らせず、6回を1安打1失点。ソロは許したものの、テンポの良い投球で試合を日本ペースに引き込んだ。

速球に力強いスイングを見せるメキシコ打線に対し、緩急をつけた投球で立ち向かった。直球を見せ球に、カーブやスライダーも織り交ぜてカウントを整えると、フォークボールのような握りで投じるチェンジアップが面白いように決まった。

鋭い腕の振りから低めに沈める決め球を武器に8奪三振。打者9人を完全に抑えて迎えた四回、先頭打者の1番ジョーンズに高めに浮いたカットボールを左翼席に運ばれたが、制球を乱すことはなく落ち着いていた。

通常のイニング間よりも長い合間で登板した六回は「ちょっと時間が空いて、この回が大事になる。チームに流れを持ってこられる投球がしたい」とギアを上げ、3者連続の空振り三振。圧巻のパフォーマンスで締めくくったマウンドを「(捕手の)会沢さんが良いところを引き出してくれ、全ての球種をうまく使えた」と振り返った。

 メキシコに勝利し、笑顔で投手陣と「自撮り」する山崎(左端)。右端は今永=共同

メキシコに勝利し、笑顔で投手陣と「自撮り」する山崎(左端)。右端は今永=共同

今永の創り出した雰囲気に乗せられるように、後を継いだ甲斐野、山本、山崎の救援陣もそろって快投。1次ラウンドの3戦で24得点の強力打線をわずか1安打に封じ、土つかずの首位だったメキシコに3勝1敗で並んだ意味は大きい。「日本の野球は強くなきゃいけない。しっかりと強い日本をお見せします」と今永。東京五輪でも貴重な戦力と期待される左腕が、大舞台に強いところをきっちり示した。(常広文太)

 坂本勇に復調の兆しが出てきた。首痛の菊池涼に代わって2番に入り3安打。二回1死一、二塁では「コンパクトに打つことができた」と高めの球を左中間にはじき返して今大会初打点もマークした。
 メキシコ戦の2回、適時打を放つ坂本勇=共同

メキシコ戦の2回、適時打を放つ坂本勇=共同


 初回は二塁ベースよりも遊撃側に守っていた二塁手と遊撃手の狭い間を抜く安打で、二盗に成功。六回は左前に運んだ。前日の米国戦で3三振無安打とブレーキになったが、振りの鋭さ、打つタイミングは悪くない。安定の守備では遊撃手の見せどころともいえる深い位置から無駄のない動きでアウトに。チームの支柱が攻守でもり立てた。

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
陸上日本選手権男子800メートルで優勝したクレイ・アーロン竜波共同

 陸上男子800メートルで6月の日本選手権を制したクレイ・アーロン竜波(神奈川・相洋高)が来春の卒業後、秋に米テキサス農工大に進学する。11月25日には東京五輪やその後の国際大会で活躍が期待される若手 …続き (12/5)

代表落ちがきっかけで平野は攻撃型に転じた

 卓球の東京五輪シングルス代表を巡る争いが最終局面を迎えている。残り1枠を巡り、女子は初出場を期す平野美宇(日本生命)が、石川佳純(全農)をわずかにリード。前回リオデジャネイロ五輪の選考では伊藤美誠( …続き (12/5)

コンゴ戦でシュートを決める田辺。日本はサイドシュートの決定力が命運を握る=共同共同

 ハンドボール女子の世界選手権第5日は4日、熊本県各地で1次リーグが行われ、試合のなかったD組の日本は5日のロシア戦に向けて休養に充てた。2勝1敗でD組3位につける日本は、残り2戦で1つ勝てば1次リー …続き (12/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]