/

この記事は会員限定です

「桜を見る会」も早期幕引き 相次ぐ問題、打撃を回避

[有料会員限定]

政府は13日、首相主催で毎年春に開いている「桜を見る会」について2020年の開催は中止すると発表した。安倍晋三首相の事務所名で地元の後援会関係者を招いたと野党が追及していた。安倍政権では最近、閣僚の相次ぐスピード辞任など、問題が起きては早期に幕引きする事例が続いている。「桜を見る会」も傷口の拡大を避けるため、早期決着を図った。

この問題を最初に共産党の田村智子氏が追及したのは8日の参院予算委員会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1077文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン