東芝・車谷CEO、親子上場解消「データ事業に不可欠」

2019/11/13 22:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝の車谷暢昭会長兼最高経営責任者(CEO)は13日、日本経済新聞の取材に応じた。同日発表した上場子会社3社の完全子会社化について「データ事業を進めるうえで、多様なデータの出どころがあることが不可欠だ」との認識を示した。主なやり取りは以下の通り。

――中期経営計画発表から1年経過しました。足元の成果をどう評価しますか。

「財務の改善やリスク事業の売却など負の遺産の処理をしてきた。一方で、受注から…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]