/

この記事は会員限定です

共通テストの国語、二段階選抜で記述式除外を 文科省

[有料会員限定]

2020年度に始まる大学入学共通テストに導入される国語の記述式問題の成績について、文部科学省が2次試験の門前払いをする「二段階選抜」の材料から外すよう全国の大学に要請する方針を固めたことが13日、分かった。自己採点の難しさが指摘されており、間違った自己採点によって出願の判断を誤るといった事態を防ぐ狙いだ。

共通テストはマークシート方式が基本だが、国語と数学にそれぞれ小問3問の記述式が導入される。1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り434文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン