森永、ヨーグルト再活性化に「トリプル」の妙

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/11/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

健康効果をうたい一時ブームとなったが昨今落ち着いた感のあるヨーグルト。そこに森永乳業や明治など大手がてこ入れ策を打ち、一部で出荷金額を倍増するなど再活性化の実をあげている。カギは既存製品の磨き上げだ。他の健康志向食品との競合が激しいなか、新製品をむやみに投入しても飽和感が強まるだけ。「急がば回れ」でぼやけていた想定顧客向けのメッセージを明確にし、ファンを地道に増やすのが得策と各社はみる。

■3つ

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]