水戸の街中ワイナリー、新酒解禁 茨城産限定生産も

2019/11/13 19:18
保存
共有
印刷
その他

水戸市の街中で2016年に設立したワイナリー、ドメーヌ水戸が19年産の新酒を解禁した。従来の赤・白ワインに加え、今年は茨城県産のブドウを使った3種類の新たなワインの生産も始めた。天候不順に見舞われたものの、ブドウの収穫時期を例年から前後にずらすなどして無事生産にこぎ着けた。

赤は水戸市内産のブドウ、白は山形県産デラウェアを使った。それぞれ約800リットル、約1200リットルの生産を計画する。税別…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]