横浜市営地下鉄、レールに亀裂 一時運転見合わせ

2019/11/13 19:23
保存
共有
印刷
その他

横浜市交通局は13日、市営地下鉄ブルーラインの下飯田駅―立場駅間の上り線のレール内部で亀裂が見つかったと発表した。同局は現場確認の結果も踏まえ、同日午後5時ごろに湘南台駅―踊場駅の間で約30分間運転を見合わせ、補強工事を実施した。乗客約1700人に影響が出たという。

同交通局が前日の終電後に実施した超音波検査の結果を解析したところ、レール内部に約4センチの亀裂があったことが発覚した。レール表面に損傷はなかったが、側面に鋼をボルトで固定するなどの補強作業を施した。同交通局は「営業中だったが、安全を期して補強作業をした」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]