横浜銀行のはまPay、三井住友銀のスマホ決済と連動

金融機関
2019/11/13 19:30
保存
共有
印刷
その他

横浜銀行は13日、スマートフォン決済サービス「はまPay」と三井住友銀行が11月下旬に始めるスマホ決済サービスを連携させると発表した。はまPayの加盟店で三井住友銀が始めるスマホ決済が順次、利用できるようになる。

三井住友銀の口座を持つ県外の観光客が利用しやすくなり、はまPay加盟店の増加につなげる。2020年初頭には、三井住友銀が参画して始めるスマホ決済を利用し、横浜銀の口座から支払いもできるようになるという。

はまPayは17年に運用を開始した。加盟店から提示されたQRコードをスマホアプリで読み取るなどして、決済する仕組みとなっている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]