RPAテクノロジーズが研修施設 技術者育成、福岡に

九州・沖縄
2019/11/13 18:47
保存
共有
印刷
その他

RPAホールディングスの子会社で、業務自動化ソフトウエアを手掛けるRPAテクノロジーズ(東京・港)などは13日、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の技術者を育成する研修施設を福岡市に設立した。自動化ソフトを使いこなすための技術を、ユーザーに少人数単位で教える。RPAへの理解を深め、利用拡大を目指す。

RPAエンジニアを育成するための研修センターを福岡市に設けた(13日、福岡市)

RPAエンジニアを育成するための研修センターを福岡市に設けた(13日、福岡市)

福岡市博多区に研修施設「!(びっくり)センター福岡」を開設した。同社がユーザー向けの研修施設を設けるのは初めてで、数年をめどに国内10拠点の開設を目指す。会場を提供するU-NEXTマーケティング(東京・品川)と、教材を手掛けるGOODLIFE(同・港)と共同で運営する。

RPAは定型業務を自動化するシステムで、例えば申請書を読み取って一覧表にするなどがある。内容にもよるが、作業時間が人よりも180倍早く、人員も6分の1以下まで減らすことができるという。

研修は2日間の短期集中型など、複数の中から選べるようにする。1回あたりの定員は最大10人で、受講料は2万9800円(税別)から。受講にあたり、特別なプログラミング知識は必要ないという。

人手不足を背景に大企業を中心にRPAの導入が進むが、うまく活用できていないことが多いという。RPAテクノロジーズの大角暢之社長は「RPAを体感して習熟する場にしたい。将来的にはRPAを使った新しい事業アイデアなども生まれれば」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]