/

この記事は会員限定です

ジャパンタクシー、自動運転タクシーで協業

損保ジャパンなど5社で連携

[有料会員限定]

配車アプリ大手のジャパンタクシー(東京・千代田)と損害保険ジャパン日本興亜など5社は自動運転タクシーの実用化で協業する。2020年夏をめどに都内で実証実験し、22年以降の事業化を目指す。自動運転技術の開発企業だけでなく、保険や通信会社も加わることで自動運転にかかわる課題を早期に洗い出して実用化を急ぐ。

協業するのはジャパンタクシー、損保ジャパン、KDDIに加え、自動運転スタートアップのティアフォー(名古屋...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り455文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン