/

この記事は会員限定です

「スタートアップに種まき」 変革進める森村グループ

ナゴヤの名企業 新戦国時代 第4部 窯業(4)

[有料会員限定]

森村グループのノリタケカンパニーリミテド日本ガイシ日本特殊陶業は、自動車産業の成長の波にのって事業を拡大してきた。手堅く堅実な経営を信条としてきたが、次世代の自動車技術である「CASE」の広がりなど、大きく変わる事業環境を前に、新分野への挑戦を今まで以上に迫られている。3社のトップにどう変革を進めるのか聞いた。

日本ガイシ、大島卓社長 「新製品で売上高3割を維持」

――祖業の電線部品「がいし」を経営の中でどう位置づけるのですか。

「電力インフラが拡大した時期に比べて生産量は5分の1程度まで減った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン