米国は中国共産党にも手を突っ込むのか
本社コメンテーター 秋田浩之

秋田 浩之
Deep Insight
本社コメンテーター
2019/11/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第1弾の貿易合意をめざし、米国と中国が詰めの交渉に入っている。協議がどこまで進んでいるか米中の説明は食い違っているが、早ければ年内にも何らかの部分合意が交わされるだろう。

来年11月の大統領選に向け、トランプ大統領はできるだけ早く中国から米農産物の爆買いを取りつけ、大切な応援団である米農家の歓心を買いたいと考えている。

ただ、仮にそうした合意が実現したとしても、米中の貿易戦争が終わるわけではない…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋田 浩之

本社コメンテーター

外交・安全保障

長年、外交・安全保障を取材してきた。東京を拠点とし、北京とワシントンの駐在経験も。北京では鄧小平氏死去、ワシントンではイラク戦争などに遭遇した。著書に「暗流 米中日外交三国志」「乱流 米中日安全保障三国志」。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]