南阿蘇鉄道、23年夏に全線再開へ 熊本地震で被災

2019/11/13 18:39
保存
共有
印刷
その他

2016年4月の熊本地震で被災し、一部区間で運休が続いている第三セクター、南阿蘇鉄道(熊本県高森町)は13日、23年夏ごろに全線再開する見込みになったと発表した。同鉄道は立野駅(同県南阿蘇村)と高森(高森町)を結ぶ17.7キロの路線で、不通になっている立野―中松間(10.6キロ)を復旧させる。

 親子連れでにぎわう南阿蘇鉄道のトロッコ列車(2018年4月、熊本県南阿蘇村)=共同

不通区間の工事を22年度中に終え、試運転などの安全確認を進めて全線で再開させる。社長を務める草村大成・高森町長は13日、熊本市で記者会見し「南阿蘇鉄道の(全線)復旧で、阿蘇地域のインフラがほぼ元に戻る。復旧時期を示せた意義は大きい」と強調した。

南阿蘇鉄道は震災後に運休し、16年7月に中松―高森間の7.1キロで運行を再開していた。観光客獲得のため、土曜と休日にトロッコ列車を走らせて人気を集めている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]