/

この記事は会員限定です

日本製鉄、中国の脅威と避けられぬ「痛み」

証券部 森国司

[有料会員限定]

日本製鉄が2020年4月に製鉄所の運営組織の大再編に踏み切る。「八幡製鉄所」の名称もなくし、従来より大きな単位で組織をくくり、業務運営上の効率を高めるのが狙いだ。ただ市場が求めるのは生産拠点集約によるコスト削減という、より踏み込んだ合理化施策だ。ここ数年は稼ぐ力が高まらず、世界競合に比べても時価総額の落ち込みは大きい。痛みを伴う改革は早晩避けて通れなそうだ。

「枠組みを変えるだけでは従来と大して変わらず、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1256文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン