/

この記事は会員限定です

近鉄、万博会場―伊勢志摩に直通特急 国際リゾートに

[有料会員限定]

近鉄グループホールディングスは2025年国際博覧会(大阪・関西万博)会場となる夢洲(ゆめしま)と伊勢志摩を直通で結ぶ新型特急車両の開発を進める。25年の導入予定で、片道3時間以上の乗車時間が大幅に短くなる。伊勢志摩は近鉄にとって最大の観光拠点。集客は堅調だが訪日外国人の獲得が課題だった。移動の利便性を高めて国際リゾート地に整備する。

新型車両は電気を集める方法がレールの脇から集める第三軌条方式とパンタグラフの両方に対応するハ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り974文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン