日経アジア300、2週ぶり安値 香港デモ激化懸念

2019/11/13 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アジアの有力企業で構成する「日経アジア300指数」が13日、約2週間ぶりの安値をつけた。香港で続く政府への抗議行動の先行き不透明感が強まっているほか、トランプ米大統領の講演で米中貿易交渉への具体的な進展が確認されず、投資家のリスク回避姿勢が強まっている。

13日の終値は前日比1.1%安の1312.25だった。各国の主要株価指数では、2%安となった香港の下げが目立ち、韓国やシンガポール、マレーシア…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]