自衛隊の中東派遣、決定に閣議 政府・与党調整

中東・アフリカ
2019/11/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府・与党は検討中の中東への自衛隊派遣を正式に決定する際に、与党の党内手続きを経て閣議に諮る調整に入った。政府は防衛省設置法に基づく「調査・研究」目的で派遣し情報収集にあたる想定をしており、法的には防衛相の命令だけで派遣できる。与党から厳格な手続きを踏むよう求める声が出ていることに対応する。

自民党の岸田文雄政調会長は13日、党本部で関係部会の幹部や防衛省幹部と協議した。出席者によると、党側から…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]