/

三菱自、日本郵便にEVバン1200台納入

車体の塗装や荷室を特別な仕様にしている

三菱自動車は13日、電気自動車(EV)の軽商用車「ミニキャブ・ミーブ バン」を日本郵便へ納入したと発表した。2020年度までに1200台を供給する。都市圏の郵便局で配送用車両として主に使われる。導入により二酸化炭素の排出量を1台あたり50%程度減らせる。日本郵便は都内の配送に使う軽車両の約3割を電動車に置き換える計画だ。

三菱自は19年度に400台、20年度には800台を納入する。車体は赤色に塗装して、車室も荷積みをスムーズにするように一部改良した。

走行距離はフル充電時で約150キロメートル。都市部の配送車の1日あたりの走行距離(20キロ~30キロメートル)にも対応できる。仙台市内など寒冷地でも実証的に一部導入される。

「ミニキャブ・ミーブ バン」は11年に発売された。水島製作所(岡山県倉敷市)で生産しており、累計で約7千台を販売している。(山本夏樹)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン