CASE対応で進む合従連衡 国内自動車早わかり
日経業界地図(11)自動車(国内)

就活
2019/11/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動運転、電動化といった「CASE」対応を軸に、国内の自動車業界に従来の枠組みにとらわれない新たな合従連衡の機運を生んでいる。

■基礎知識

自動車1台に使われる部品点数は3万点に上るといわれ、数多くの部品メーカーが完成車メーカーを支える。雇用創出の効果が大きく、世界各国で製造業の中心を担う。

■最近の動向

2018年度の国内新車販売台数は前年度比1.2%増の525万台だった。ホンダの「N-BOX」といった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]