都が「世界発信コンペティション」表彰、革新性評価

2019/11/13 16:45
保存
共有
印刷
その他

東京都は13日、革新的な製品や技術開発を表彰する「世界発信コンペティション」で、「東京都ベンチャー技術大賞」に医療用器具を開発するノイシュタットジャパン(東京・江戸川)を、「東京都革新的サービス大賞」に紛失防止サービスを展開するMAMORIO(マモリオ、東京・千代田)を選んだ。

13日に東京ビッグサイト(東京・江東)で表彰式を開いた。ノイシュタットジャパンは虫歯の治療器具「高速ピストンモーション」を開発。先端が1分間に約5千回ピストン運動するもので、従来のドリルに比べて患者の痛みがなく治療時間を短縮できる。同社の鈴木計芳社長は「ユーザー視点の技術開発が重要だ。約2千人の患者の意見を吸い上げた」と話した。

また、マモリオは落とし物や忘れ物を防ぐサービスを開発。専用のタグを財布に付けておくと、落としたり家に忘れたりした時にスマートフォンに通知。鉄道会社がサービスを導入しており、全国700路線以上で紛失物の発見につなげている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]