/

この記事は会員限定です

東海東京、デジタル証取に出資 日本企業の取引仲介

アジア初認可のシンガポールで

[有料会員限定]

東海東京フィナンシャル・ホールディングスはシンガポールのデジタル証券取引所に参画する。当局の認可を得るアジア初の取引所の運営会社に出資し、日本企業による証券発行や投資家による売買を取り次ぐ。市場の急拡大が見込まれるデジタル証券の知見を積み、国内でのデジタル証券取引システムの開設も視野に入れる。

東海東京が出資するのはシンガポール取引所(SGX)が今年初めから準備を進めるデジタル証券取引所「iSTOX」の運営会社ICHX TECH(シンガ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り798文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン