レーシングワールド

フォローする

強い日本馬が壁に? ジャパンC、ついに遠征馬ゼロ

2019/11/16 3:00
保存
共有
印刷
その他

レース創設39回目にして、とうとう外国馬が姿を消した。11月24日に行われる国際競走、ジャパンカップ(JC=G1・東京芝2400メートル)である。近年、様々な事情から海外からの遠征馬が減るだけでなく、質も大きく低下しており、衝撃というよりは「来るべきものが来た」と言うべきか。今年は海外G1で日本調教馬が既に年間最多タイの5勝。競争力向上は疑う余地がないが、皮肉にもそれが国内初の国際競走の基盤を崩…

レーシングワールドをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

レーシングワールド 一覧

フォローする
2月1日もメインの白富士ステークスを勝つなど、1日5勝と活躍したマーフィー(JRA提供)JRA提供

 今年も開幕から1カ月が過ぎた中央競馬で、外国人騎手の活躍は相変わらずだ。ただ、同じ外国人でも世代交代の兆しがみえる。昨年から今年にかけて、20代半ばの新鋭が一気に台頭した。中央生え抜きの若手がベテラ …続き (2/8)

15日の姫路競馬再開初日には約3000人の観客が集まった

 7年半ぶりに蹄音(ていおん)が戻ってきた。2012年8月30日を最後に休止していた姫路競馬場(兵庫県姫路市)でのレースが15日、再開した。
 同競馬場で洪水防止のための調整池の工事が行われていたことに …続き (1/25)

活況の中央競馬は2019年も前年比3.1%増の売り上げを記録した=共同共同

 昨年の中央競馬は、前年比3.1%増の2兆8817億8866万1700円の売り上げを記録した。前年比プラスは8年連続で、3%台の伸び率は16年以来となる。初めて4兆円に達した1997年をピークに、落ち …続き (1/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]