/

この記事は会員限定です

[FT]「富裕税」構想にビル・ゲイツが「待った」

[有料会員限定]
Financial Times

米国は資産に連邦税をかけるべきか――2020年米大統領選の民主党有力候補、エリザベス・ウォーレン上院議員が富裕税構想を選挙運動の柱の一つに掲げたことで、政治的論争を呼んでいる。

ウォーレン氏は自身が掲げる医療保険制度の財源として富裕税を提唱した。だが、この構想は米国の億万長者にとって都合の悪いものだ。米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏は先週、この問題についてウォーレン氏と話をしたいとの意向を示...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2934文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン