国土強靱化よりまずソフト(時流地流)

台風19号
宮内 禎一
地域総合
編集委員
2019/11/17 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

◆10月の台風19号による記録的な大雨で決壊した長野市北部の千曲川堤防は昨年9月、河川改修の取材で歩いた場所だった。かさ上げや拡幅など強化が終わったばかりの立派な堤防が決壊したことに目を疑った。長野盆地で最大1050メートルある川幅は決壊した部分の下流で最小120メートルに狭くなる。もともと圧力がかかりやすい場所なのだ。

◆国による千曲川・犀川の直轄改修事業は2018年11月で100周年を迎えた。下…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]