/

この記事は会員限定です

堂々たる青春小説の王道 陣野俊史氏が選ぶ3冊

ショパンゾンビ・コンテスタント 町屋良平著

[有料会員限定]

音大には入ったものの、はっきりとした理由もなく中退し、小説を書き続けている「ぼく」。友達の「源元(げんげん)」は素晴らしいピアノの名手で、とってもかわいい「潮里」という彼女がいる。

基本的にはこの3人の物語である。源元の挑むピアノの世界は厳しいが、源元はどこかのほほんとその世界を楽しんでいる気配もある。

その世界を含めた自分たちの物語を小説として描き切ろうとしている主人公は、潮里のことが大好きなの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り415文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン