/

この記事は会員限定です

書き手の懐具合巡る物語 中沢孝夫氏が選ぶ3冊

お金本 左右社編集部編

[有料会員限定]

萩原朔太郎は新潮社に印税の前借りを頼んだが「詩人には一切金を借(貸)さない」と言われ「怨恨骨に達した」と怒る。新潮社の態度は当然だが、朔太郎の窮状がよくわかる手紙だ。

山田風太郎の場合は、講談社と光文社が「原稿料から差し引く」と「半分ずつ貸してくれて」東京・練馬に80坪の土地を買った。信用があった。

有吉佐和子は亭主が経営の失敗によりこしらえた数千万円の借金を返すために、6本の連載をもち必死に稼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り404文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン