名古屋の地下鉄 「なんだか狭い」に秘められた歴史
ナゴヤのトリセツ

中部
2019/11/14 3:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

混雑する名古屋市営地下鉄東山線の名古屋駅

混雑する名古屋市営地下鉄東山線の名古屋駅

毎日134万人を乗せて走る名古屋市営地下鉄。仕事や観光に欠かせない中心部の大事な交通網だが、東京や大阪の地下鉄と比べて狭く感じる人も多い。「やや小さな車両」の理由を探ると、開業当時の厳しい財政状況や路面電車「市電」の技術が影響していた。60年間で6路線93キロに広がり利便性が高まる一方、駅の老朽化対策が「都市力向上」のカギを握る。

【「ナゴヤのトリセツ」前回記事】
4分割で味わうひつまぶし 起源は「器の保護」

「目立って乗客が多い時間帯でなくても、なんだか混んでいるような気がする」。地下鉄東山線で通勤する名古屋市名東区の男性会社員(32)は不思議そうに語る。東京から移り住んで2年。以前乗っていた東京メトロ丸ノ内線も混み合っていたが、名古屋の地下鉄は手狭に感じるという。

1957年に開業した東山線は名古屋駅や栄のオフィス街と住宅地を結び、1日の利用者が最も多い路線だ。ドア付近に乗客がとどまりがちなマナーの問題を「混雑」の理由に挙げる声もあるが、実は東京の地下鉄などと比べて、車両が小さく設計されている。

東山線の車両の幅は約2.54メートルで、丸ノ内線の主な車両(約2.83メートル)より30センチほど狭く、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]