ファストリ、日仏ロボット関連企業と提携 倉庫の全自動化実現

自動車・機械
2019/11/13 13:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ユニクロを運営するファーストリテイリングは13日、日本とフランスのロボット関連企業とパートナーシップ契約を結んだ。物流機械大手ダイフクと倉庫の全自動化を進める中、両社が持つ先端技術も活用。人に頼っていた作業をロボットが担うことで、衣料品における自動倉庫がほぼ実現する見込みだ。物流改革などを通じ、服作りの工程からムダを減らし同社が掲げる次世代型アパレルへの転換を加速させる。

提携したのはロボット制…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]